沖潮開発レポート

テナントビル原状回復工事

2009.10.25

大量の発生材搬出になります。

安全第一で作業を進めていきます。

破壊力は歴然。。。

間仕切りが撤去されました。

低騒音低振動の小型圧砕機(自社独自開発)の登場です。
コンパクトな上、近隣に対して通常のコンクリートブレーカーより、振動、騒音を抑えることができます。

コンクリートブロック間仕切りが残りました。
斫り工事の開始ですが。。。

作業は備品の搬出、内装仕上げの撤去、下地の撤去と続き

大規模突貫工事の上、人力での撤去がメインになり安全管理、近隣への配慮、産業廃棄物適正処理、
施工手順等の全体管理が重要なポイントになります。

地上5階地下1階のテナントビルの原状回復工事が始まりました。