解体工法と流れ

改修工事

小規模オフィスやマンションから大型商業施設などの内装解体・スケルトン工事を行っております。

内装解体

〈商業施設〉
大型ショッピングモール、百貨店などをリニューアルする場合、オープンの日が決まっている為、短期間で原状回復をする必要があります。
一度に数十件や一つのフロアすべて撤去する場合、限られた時間内で数百名を動員し、「仮設養生→撤去→集積→小運搬→搬出」をすべて施工・管理した実績も多く、独自のノウハウを持っております。
一日でも早く完了し、次の工事への引継ぎもスムーズに出来るよう心掛けています。


〈ビル〉
オフィスビルなど稼働している中で一部分の改修工事が多い為、様々な配慮をしています。
・ビル内の方が、工事中であってもスムーズかつ安全に動けるように
・騒音・振動・粉塵を最小限に抑えられるように
工事前の施工計画をはじめ、工事中の打合せ・工事に関わる人へ周知などを徹底しています。



〈住宅〉
木造・鉄筋コンクリート構造・鉄骨造など構造に合わせた撤去方法を選択しています。
一時的に生活空間をお借りしているという意識を忘れず、安全で丁寧な仕事を心掛けています。
商業施設内装解体

商業施設内装解体


ビル内装解体

ビル内装解体


住宅内装解体

住宅内装解体


耐震補強工事

従来のコンクリート破壊工法に比べ、騒音・振動・粉塵を極力軽減できる作業を行います。例としてはコンクリートの壁を撤去する部分の端部にウォールソーにて切断を行い、コーナーのエンド部分にはあらかじめダイヤモンドコアにて穿孔し既存壁に極力ダメージを与えず撤去する工法があります。
また水の使用が不可能、コンクリートの塊を撤去するのが不可能等の場合はハンドクラッシャーにて破砕する工法を選択します。
耐震補強工事
沖潮開発レポート 京都解体名人 京都解体名人 採用情報 環境への取り組み ISO14001認証取得